2010年12月07日

仕事で極端に忙しい人への気分転換法

ストレスやプレッシャーをどう受け取るかは、個人で大きく違いがあります。
そのときの体調や生活環境、家族との人間関係がどうかによっても違いがあることでしょう。
プレッシャーやストレスを糧とする発想も大切なのですが、まず心の疲れを感じたら、どうすればいいのでしょうか。


・残業しない日を作る
毎日終電まで仕事だと体を休められないどころか、心の余裕もなくなります。
週1日でも、早く帰宅できそうなら帰りましょう。

・人に任せられるところは任せる
忙しいときに、責任をすべて負うことはまず無理でしょう。
疲れが溜まっているときは、人に頼るのも重要です。

・ときには現実逃避を
常に仕事ばかりでは、心は休まりません。
たまには、映画を見たり漫画を読んだりしてみましょう。
そのとき、なるべく現実から離れていて、思いっきり笑ったり、泣いたりできるものがおすすめです。
いったん現実から離れられれば、気分転換ができて疲れを癒せます。

・癒しの空間を見つける
何一つ仕事のことを考えず、リラックスできる場所を見つけましょう。
喫茶店へ行ったり、家でゆっくりとお風呂に入ったりでもOKです。
「こうしているとリラックスする」と感じることも大切です。

・余暇は仕事と全然違うことをして過ごす
仕事でずっとパソコンを見ていて動かない人は、休日は体を動かすように、逆に仕事で動き回っているという人は、受動的に過ごすようにしましょう。
posted by nns135731 at 19:38| 健康法の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。