2010年12月21日

動脈硬化の大きな要因となる、悪玉コレステロールを減らすには

自然な状態であれば、コレステロールは必要な量だけ体内で合成され、不足すれば供給される仕組みになっています。
にもかかわらず、コレステロールが増加する傾向にあるということは、普段の食生活に問題があるということです。
渋谷 マッサージの出る幕はあるのでしょうか……?


普段の食生活において、欧米人に匹敵するほど脂質の多い食事を摂ったり、コレステロールを過剰に摂取することが多くなると、肝臓内のコレステロールの濃度が増加してしまい、その分のコレステロールが血液中に出され、血管の中でまったく別の物質に変化して、内壁に付着するのです。
マッサージ 品川も、少しは役に立ちますかね……?

悪玉コレステロールを減らすためには、善玉コレステロールを増やしてやるという考えがあります。
この考えで有効な手段は。ビタミンEやカテキンを多く含んだ紅茶やお茶を飲むことが有効とされているのです。
しかし、そのためには毎日、お茶を最低でも10杯は飲まなければならないということになり、これだけ飲んでやっと高血圧や動脈硬化の予防に効果があらわれるのです。
posted by nns135731 at 15:41| 病気の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。