2011年01月25日

これからお世話になるであろう、点鼻薬についての注意点

鼻詰まりでつらいときに市販の鼻炎薬(点鼻薬)を使うとなった場合、注意しなければいけないことはあるのでしょうか。


鼻の中に直接吹きかける点鼻薬では、眠気などといった副作用においては、飲み薬よりもずっと軽くなります。
しかし、薬に対して敏感な人や、体調が悪いと飲み薬と同様に眠気を感じることがあります。
危険を伴う仕事をするのなら、注意しましょう。
また、点鼻薬の一日の使用頻度が高いと副鼻腔炎の原因となることがあります。
数週間使用してみても効果がほとんどない、あるいは逆に症状がひどくなったようなら、病院へ行って診察を受けましょう。
posted by nns135731 at 19:41| 薬について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

統合失調症を発症するとあらわれる症状

統合失調症を発症してしまうと、幻聴(聞こえないはずの声や音が耳に入ること)、幻覚(見えるはずのないものが見えること)、現実には起こりうるはずのない妄想にとらわれたり、身なりがどうでもよくなるほど意欲が減退するなど、あらゆる症状が出てきます。


上記のものははすべて統合失調症による症状なのですが、統合失調症にかかった患者さんに共通する特徴として、自分自身が病気になっているという意識がないことがあります。
そのため、周囲とコミュニケーションをうまくとることができず、社会環境に対応することが難しくなっていってしまいます。
posted by nns135731 at 13:31| 病気の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

どうして認知症を患ってしまうのか

認知症患者のうちの70%は、「アルツハイマー型認知症」か「脳血管性認知症」のどちらかになります。
また、認知症の発症、または悪化の主な原因は、病気によるものと、精神的な喪失感や動揺などとされています。

マッサージらしい大阪

認知症を引き起こす病気はいくつかありますが、このうち認知症の原因となっている病気が治ると、認知症の症状までもが治ることがあります。
まず、発症した原因を探して、それに対して正しい処置をしていきましょう。

アロママッサージっぽい福岡

精神的な影響もにおいては、親しい人との死別や退職、長年住んでいた土地からの転居などによる生活環境の変化に順応できず、不安や戸惑いが高まってしまい認知症を招くこともあります。
posted by nns135731 at 18:28| 病気の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

欧米で認可されている薬が日本でそのまま使えない理由

ある薬が欧米で認可されていても、日本でそのまま使用することはできません。
この理由は、実は同じ人間といっても、生物学的に欧米人と日本人とでは若干違ところがあるからなのです。
もちろん、基本的な体の構造は同じですが、体格も違えば、酵素活性(酵素の効き方)が人種によって大きく違っているのです。


酵素が違うということは、薬の効果はもちろん、代謝のされ方や解毒にも大きく関わってきます。
こうしたことと体格の違いもあり、欧米で適量とされている薬であっても、日本人には適量かどうかがわからないのです。
posted by nns135731 at 18:09| 薬について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

動悸とはいかなるものなのか

健康を維持できている人は、自分の心臓の動き(拍動といいます)にまで意識が及びません。
しかし、心臓の鼓動が激しい、あるいは急に心拍数があがるといったように、自分自身で心臓の拍動(はくどう)を不快に感じたときには、その回数や原因に関わらず、動悸といいます。
気になって病院へ診察をしてもらいに行ったときに限って症状が出ない、ということも少なくないので、いつどんなときに動悸が起きたのか、またはどれほど続いたのか、コーヒーなどのカフェインやタバコの影響のような背景を見直したうえで、診察を受けましょう。


ほとんどの動悸は、不整脈が原因となります。
だからといって、心臓の状態が悪いというだけでもないのです。
自分で感じた動悸が病気によるもので、治療しなければならないのか、あるいはそのまま放っておいていいのかの区別が、肝心になります。
「何度も動悸を感じ、それで悩んでいる」といったケースは、病気が動悸を引き起こしている可能性も十分に考えられます。
posted by nns135731 at 13:01| 病気の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。