2011年01月17日

欧米で認可されている薬が日本でそのまま使えない理由

ある薬が欧米で認可されていても、日本でそのまま使用することはできません。
この理由は、実は同じ人間といっても、生物学的に欧米人と日本人とでは若干違ところがあるからなのです。
もちろん、基本的な体の構造は同じですが、体格も違えば、酵素活性(酵素の効き方)が人種によって大きく違っているのです。


酵素が違うということは、薬の効果はもちろん、代謝のされ方や解毒にも大きく関わってきます。
こうしたことと体格の違いもあり、欧米で適量とされている薬であっても、日本人には適量かどうかがわからないのです。
posted by nns135731 at 18:09| 薬について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。