2011年02月01日

急性中耳炎

急性中耳炎はウイルスや細菌の感染によって起こり、かぜやアレルギーの合併症としてよくみられます。成人より小児に多い病気ですが、症状や治療法は、成人と年長児ではほぼ同じです。

感染が起こると耳が痛み、鼓膜が赤く腫れます。急性中耳炎はほとんどが自然に治癒しますが、悪化するかどうかを予測するのは難しいため、多くの医師は全例にアモキシシリンなどの抗生物質による治療を行っています。アセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬は痛みを和らげます。フェニレフリンが入ったうっ血除去薬も効果があります。抗ヒスタミン薬はアレルギーによる中耳炎の場合は有効ですが、かぜには効果はありません。痛みや熱が激しかったり長びく場合、また鼓膜の腫れがみられる場合には、鼓膜切開を行って滲出液を中耳から排出します。
ラベル:急性中耳炎
posted by nns135731 at 15:34| 病気の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。