2011年03月10日

動脈硬化の原因

動脈硬化の発症は、ストレスや生活習慣に
大きく影響されることがわかっています。

例えば、動物性脂肪の多い高カロリーな
食事は、血中の悪玉コレステロールや
中性脂肪を増やして、
過酸化脂質を増加させることになります。

PR:なにより豊の中出張マッサージが最高

動脈硬化を予防するには、
生活習慣を見直して、予防することが大切です。

また、動脈硬化は加齢とともに
進行するので、老化現象の一つともいえます。

PR:福島区で出張マッサージを体験したいなら

その為、40歳を過ぎる頃に、
症状があらわれてくることが多いです。

動脈硬化の予防は若いうちから行いましょう。
ラベル:動脈硬化
posted by nns135731 at 18:51| 病気の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

遺伝について

遺伝とは、生物の形や性質を親から子に受け継ぐことです。
生物は遺伝子を親から子に受け渡すことで、その形質を子孫に伝えていくことが出来ます。
遺伝により親から子にその形質が受け継がれるのです。

遺伝子はDNAの塊という形で、DNAは更にヒストンというたんぱく質の一種に巻き付き、そしてそのDNAが巻き付いたヒストンもらせん状となり、染色体を形どります。
この染色体が細胞の核に納められ、その生物がどの様な形になり、どの様に行動するかなどの情報を細胞に伝える機能があります。

多くの生物はオスとメスが、それぞれの半分の染色体を卵と精子に渡し、互いの遺伝子を半分ずつ受け継いだ子孫が生まれます。
人間の場合は46本の染色体があり、父親と母親の染色体を23本ずつ受け継いでいます。
これが、「父親似」「母親似」と言われることになるのです。
ラベル:遺伝
posted by nns135731 at 18:55| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

薄毛の仕組みについて

米ペンシルベニア大学などの研究チームが
体質的な薄毛が、毛髪の元になる細胞が
足りないのことが原因でなく細胞が次の段階に
変化できないことが原因であることを、突き止めました。

PR:アロママッサージ 恵比寿

毛が生える仕組みは、頭皮の幹細胞が
別の前駆細胞に変わり、それが毛母細胞や
角化細胞などに変化することで毛髪を生みます。

体質的な薄毛は、毛母細胞や角化細胞に
変化できないことが原因だということです。

PR:マッサージ 福岡市中央区

もしかしたら、この発見が薄毛の
新たな治療法のキッカケになるかもしれませんね。
ラベル:薄毛
posted by nns135731 at 12:28| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

脳・神経の病気とは

胃の病気だと胃が痛んで、
大腸の病気だと大腸が痛むという場合が多いのですが、
脳や神経の病気の場合は違ってきます。

他の臓器とは異なり、脳や神経の病気は、
多種多様な症状が現れる場合が多くなっています。

身体の司令塔である脳や神経が病気になると、頭痛だけではなく、
手が動かなくなったり、言葉がしゃべれなくなったり、
物忘れをしたりなど、
頭ではない、さまざまな場所に
症状が確認されることが多く見られているのです。

ラベル:病気 神経
posted by nns135731 at 15:03| 脳、神経の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。