2011年03月08日

遺伝について

遺伝とは、生物の形や性質を親から子に受け継ぐことです。
生物は遺伝子を親から子に受け渡すことで、その形質を子孫に伝えていくことが出来ます。
遺伝により親から子にその形質が受け継がれるのです。

遺伝子はDNAの塊という形で、DNAは更にヒストンというたんぱく質の一種に巻き付き、そしてそのDNAが巻き付いたヒストンもらせん状となり、染色体を形どります。
この染色体が細胞の核に納められ、その生物がどの様な形になり、どの様に行動するかなどの情報を細胞に伝える機能があります。

多くの生物はオスとメスが、それぞれの半分の染色体を卵と精子に渡し、互いの遺伝子を半分ずつ受け継いだ子孫が生まれます。
人間の場合は46本の染色体があり、父親と母親の染色体を23本ずつ受け継いでいます。
これが、「父親似」「母親似」と言われることになるのです。
ラベル:遺伝
posted by nns135731 at 18:55| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。