2011年07月30日

コラーゲン不足が体に及ぼす害

私たちの全身に張り巡らされた血管は、
体に必要な成分を補ったり、
いらないものを運搬したり、
生きるためには必要不可欠なものです。

この血管の健康が無ければ、
私たちの体がおかしくなります。

コラーゲンが足りなくなると
この血管はどうなるのでしょうか。

血管は細かい傷をいつでも生じています。

そして、コラーゲンが足りなくなると、
この傷口の修理が適切にできません。

血管をキスつけたままだと、
そこから血液中のコレステロールといった物質が
侵入しやすくなり、積もり積もって、
血管を圧迫したり、そこにカルシウムなどが重なり、
固まると血管がもろくなります。

▽マッサージ情報▽
リンパマッサージ情報 中目黒版
リンパマッサージ情報 大阪市西区版
posted by nns135731 at 13:48| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。