2010年11月17日

森林浴でマイナスイオンを吸って、体の中からきれいに。

マイナスイオンは森林に行ってもありますが、とくに滝の近くで多く発生します。
というのも、滝があるところには森林があることがほとんどだからです。
森林浴に行くなら、滝のあるところへ行ってみるといいでしょう。


他にも、滝は人にいい影響を与えてくれます。
夏なら、滝の水しぶきが冷たくて気持ちいいだけでなく、滝の落下で生じる衝撃波が1/fという、人が気持ちよく感じる周波数のため、リラックスできるのです。
こうした自然の1/f(ゆらぎ)は精神を安定させ、安らぎを与えてくれます。


マイナスイオンを体内に取り込むために、できるだけ新鮮な空気をたくさん吸いましょう。
体内にマイナスイオンをたくさん取り入れることで、血液がきれいになり、新陳代謝もあがります。


森林浴には、新鮮な空気を吸うことのほかにも、生い茂る木々を見たり、森林に生息するちいさな生き物や鳥を見ることも、楽しむポイントの1つとしてあります。
できれば、ゆっくりと歩きながら、散策していきましょう。
posted by nns135731 at 17:39| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。