2010年11月22日

現代では、眼がないと難儀する!?

人間は、情報の大半を眼から得ているといわれています。
情報獲得のためには、眼は無くてはならない大切な器官なのです。
しかしその一方で、眼のケアまでしている人は、案外いないのではないでしょうか。


仕事だけでも眼が疲れるのに、現代社会ではプライベートでもパソコンに携帯電話、テレビやDVDに読書……、と眼を酷使しない日がないというぐらいです。
さらに就寝時間が遅くなっていることから、眼を休められる時間はほとんどないのです。


単に疲れているだけの「疲れ眼」ならば、ぐっすりとひと晩眠れば症状は回復します。
問題なのは「眼精疲労」で、ひと晩寝ただけでは疲れがとれなくなってしまっている、あるいは回復したと思った矢先にまた疲れが出るといったように断続的に続くのです。
こうなるとすぐには回復できず、普段の生活や仕事にも支障が出てくるようになります。


あなたの眼は、疲れ眼か、眼精疲労のどちらですか。
ひと晩ぐっすり眠ってみて、疲れが翌日も続くようなら、それは眼精疲労です。


[PR]
マッサージ 新宿区
新宿区 マッサージ
posted by nns135731 at 13:16| 病気の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。