2010年12月02日

マッサージが若い人たちにも広まった理由

腰痛や肩こりは、いまや日本人にとっては国民病のようなものです。
仕事や家事などで忙しい生活が、それに更に拍車を掛けています。


従来は、温泉街などの遠方にしかマッサージはなく、比較的年配の方が利用するものというイメージがありました。
しかし、オフィス街の側に「15分1500円〜、30分3000円〜」などといったクイックマッサージ店が次々とできてきました。
サービス内容だけでなく、内装にも趣向を凝らしている店が多く、だれでも気軽に利用できるというのが特徴です。
このようにして清潔感や手軽さがアピールでき、若年層をもマッサージのターゲットに取りこむことに成功したのです。


クイックマッサージの利用者においては女性が圧倒的に多く、全利用者の約7割を占めているともいわれています。
いまやOLにとって、クイックマッサージはなくてはならないものとなってきています。
また、近年では、福利厚生のひとつのメニューとして、クイックマッサージを取り入れる企業が増えてきているようです。
posted by nns135731 at 16:39| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。