2011年05月06日

免疫力の低下

免疫力の低下には低体温が影響しています。

低体温は、血液の流れの悪さや
代謝の低下を招いて
免疫力を低下させてしまうのです。

免疫力が低下すると当然、
様々な病気になる可能性が高くなります。

普段から、平均体温が低いと感じている方は、
身体を冷やさない工夫をして、
低体温を防ぐようにしましょう。

ちなみに健康な人は、体温は
約36.5℃くらいだと言われています。

これくらいの体温を維持することが出来れば、
新陳代謝が活発にして
高い免疫力を保つことが出来ますよ。

posted by nns135731 at 18:25| 病気の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。