2011年02月05日

アスピリンの効能

気温が低いと、風邪やインフルエンが気になりますよね。

そんな、風邪やインフルエンの代表的な感冒薬が「アスピリン」です。

【PR@】出張リンパマッサージ東京

その効能は、解熱・鎮痛の用途に使われ、広く普及しています。

効能が高く、値段も安い、アスピリンですが、
使用する時に注意することがあります。

【PRA】出張マッサージ 枚方市

まず、アスピリンは、インフルエンザにかかったに服用すると脳症を発症しやすくなるので、服用は控えましょう。

またアスピリンの効能は、血をサラサラにします。

逆に言うと、血が止まりにくくなります。

そのため、アスピリンの服用すると、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、月経といった、出血が止まりにくくなる原因になります。

安直に熱を下げようとして、アスピリンを飲まないようにしましょう。

ラベル:薬の効果
posted by nns135731 at 16:39| 病気の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

急性中耳炎

急性中耳炎はウイルスや細菌の感染によって起こり、かぜやアレルギーの合併症としてよくみられます。成人より小児に多い病気ですが、症状や治療法は、成人と年長児ではほぼ同じです。

感染が起こると耳が痛み、鼓膜が赤く腫れます。急性中耳炎はほとんどが自然に治癒しますが、悪化するかどうかを予測するのは難しいため、多くの医師は全例にアモキシシリンなどの抗生物質による治療を行っています。アセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬は痛みを和らげます。フェニレフリンが入ったうっ血除去薬も効果があります。抗ヒスタミン薬はアレルギーによる中耳炎の場合は有効ですが、かぜには効果はありません。痛みや熱が激しかったり長びく場合、また鼓膜の腫れがみられる場合には、鼓膜切開を行って滲出液を中耳から排出します。
ラベル:急性中耳炎
posted by nns135731 at 15:34| 病気の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

統合失調症を発症するとあらわれる症状

統合失調症を発症してしまうと、幻聴(聞こえないはずの声や音が耳に入ること)、幻覚(見えるはずのないものが見えること)、現実には起こりうるはずのない妄想にとらわれたり、身なりがどうでもよくなるほど意欲が減退するなど、あらゆる症状が出てきます。


上記のものははすべて統合失調症による症状なのですが、統合失調症にかかった患者さんに共通する特徴として、自分自身が病気になっているという意識がないことがあります。
そのため、周囲とコミュニケーションをうまくとることができず、社会環境に対応することが難しくなっていってしまいます。
posted by nns135731 at 13:31| 病気の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

どうして認知症を患ってしまうのか

認知症患者のうちの70%は、「アルツハイマー型認知症」か「脳血管性認知症」のどちらかになります。
また、認知症の発症、または悪化の主な原因は、病気によるものと、精神的な喪失感や動揺などとされています。

マッサージらしい大阪

認知症を引き起こす病気はいくつかありますが、このうち認知症の原因となっている病気が治ると、認知症の症状までもが治ることがあります。
まず、発症した原因を探して、それに対して正しい処置をしていきましょう。

アロママッサージっぽい福岡

精神的な影響もにおいては、親しい人との死別や退職、長年住んでいた土地からの転居などによる生活環境の変化に順応できず、不安や戸惑いが高まってしまい認知症を招くこともあります。
posted by nns135731 at 18:28| 病気の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

動悸とはいかなるものなのか

健康を維持できている人は、自分の心臓の動き(拍動といいます)にまで意識が及びません。
しかし、心臓の鼓動が激しい、あるいは急に心拍数があがるといったように、自分自身で心臓の拍動(はくどう)を不快に感じたときには、その回数や原因に関わらず、動悸といいます。
気になって病院へ診察をしてもらいに行ったときに限って症状が出ない、ということも少なくないので、いつどんなときに動悸が起きたのか、またはどれほど続いたのか、コーヒーなどのカフェインやタバコの影響のような背景を見直したうえで、診察を受けましょう。


ほとんどの動悸は、不整脈が原因となります。
だからといって、心臓の状態が悪いというだけでもないのです。
自分で感じた動悸が病気によるもので、治療しなければならないのか、あるいはそのまま放っておいていいのかの区別が、肝心になります。
「何度も動悸を感じ、それで悩んでいる」といったケースは、病気が動悸を引き起こしている可能性も十分に考えられます。
posted by nns135731 at 13:01| 病気の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。