2010年12月13日

「絶対」の風邪の治療法

風邪のウイルスを退治する絶対の治療法は、残念ながら現代においてもわかりません。
とどのつまりは、身体をきちんと休め、自分自身でウイルスにを退治してくれるのを待つ、あるいはその応援するのが一番の「治療法」なのです。
東京 出張マッサージなら、そのサポートはできるかもしれません。
そして、免疫力をつけるような生活を日頃からつくっていくことが、風邪の予防・またはかかったとしても軽い程度に済ませたり、早く治す方法となります。


とはいうものの、「十分な休息」をとるのは、なかなかできないことかもしれません。
鼻水や咳などといった代表的な風邪の症状があらわれても、「まあこの程度なら」で何もしないままにしていませんか?
忙しい生活が続き、その挙げ句、風邪にかかってしまった経験のある人も少なくないでしょう。


確かに、忙しいとなかなか休息はとれません。
普段と同じ生活を送っていれば、ひとりでに治っていることもあります。
しかし、風邪のひき始めをせっかく感じていたのに、休む時間を削ったせいで余計に症状がひどくなった場合は悔やみきれないことだと思います。
たかが風邪だと軽視せず、十分に休息をとって安静を確保することは、大切な風邪対策だといえるのではないでしょうか。
そのために、東京 出張マッサージを利用するのも、ひとつの手だと思います。
posted by nns135731 at 18:45| 健康法の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

仕事で極端に忙しい人への気分転換法

ストレスやプレッシャーをどう受け取るかは、個人で大きく違いがあります。
そのときの体調や生活環境、家族との人間関係がどうかによっても違いがあることでしょう。
プレッシャーやストレスを糧とする発想も大切なのですが、まず心の疲れを感じたら、どうすればいいのでしょうか。


・残業しない日を作る
毎日終電まで仕事だと体を休められないどころか、心の余裕もなくなります。
週1日でも、早く帰宅できそうなら帰りましょう。

・人に任せられるところは任せる
忙しいときに、責任をすべて負うことはまず無理でしょう。
疲れが溜まっているときは、人に頼るのも重要です。

・ときには現実逃避を
常に仕事ばかりでは、心は休まりません。
たまには、映画を見たり漫画を読んだりしてみましょう。
そのとき、なるべく現実から離れていて、思いっきり笑ったり、泣いたりできるものがおすすめです。
いったん現実から離れられれば、気分転換ができて疲れを癒せます。

・癒しの空間を見つける
何一つ仕事のことを考えず、リラックスできる場所を見つけましょう。
喫茶店へ行ったり、家でゆっくりとお風呂に入ったりでもOKです。
「こうしているとリラックスする」と感じることも大切です。

・余暇は仕事と全然違うことをして過ごす
仕事でずっとパソコンを見ていて動かない人は、休日は体を動かすように、逆に仕事で動き回っているという人は、受動的に過ごすようにしましょう。
posted by nns135731 at 19:38| 健康法の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

腕を引いて歩くと肩こりにいい!?

ランニングだけに限らずウォーキングでも、腕を後ろに引くように意識すると肩甲骨がよりスムーズに動きやすくていい、のだとか。
「腕を振るように」とは聞いたことがあるでしょうが、「腕を引くよう意識する」ことは、盲点になっていたのではないでしょうか。
こんな指摘をする人もそうそういないでしょうからね。


腕を引くことで肩甲骨が内側に寄り、脚をそのまま踏み出すと歩幅が大きくなります。
歩行のリズムもよくなるので、楽に動作ができるのです。
同時に、骨盤もよく動くようになるのでひとりでにフォームがきれいになり、正しい走り方、あるいは歩き方ができるようになります。
ちなみに、肩甲骨周辺には腱や靭帯が無いため、「こった」という感覚を覚えにくいのだとか。


現代ではデスクワーク(パソコン作業など)が多くなり、前に腕を出したままで過ごす時間が長くなっています。
この姿勢によって、肩甲骨周りがこってしまいます。
デスクワークが多い仕事なら、ウォーキングをするときにでも積極的に肩甲骨を動かして凝りを解消していきましょう。
posted by nns135731 at 15:49| 健康法の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

たわし健康法の力

たわし健康法は文字通りたわしを使用した健康法です。
準備するのは、たわしのみです。
費用もかからず経済的ですが、効果が出るのも早く、風邪をひきにくくなれたりします。

そもそも病気と言うのは、リンパや血液の流れが悪くなることを起因とすることが多いのです。
たわし健康法とは、それらの流れをスムーズにしてやろうという健康法なのです。

まずは、たわしを用意します。
スーパーで売ってるものでもかまいませんが、できれば天然素材のものを選んでください。
買ったばかりのたわしは先端が硬く尖っているので、軽石に擦りつけたり軽くあぶったりして、丸く柔らかくしてから使うほうが良いでしょう。

あとは、そのたわしでからだを擦るだけです。
それを続けることでリンパや血液の流れがよくなりますので、病気になりにくくなり、その他、老化防止や冷え性改善、美肌効果なども期待できます。

体温の上がる入浴中などに行なうとなお効果的ですね。
ただし、あまり強くこすりつけると肌を痛めます。
合わないと思えばすぐに止めて、たわしは台所で使用することにしましょうね。
posted by nns135731 at 18:11| 健康法の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。